がんばらないナチュラル子育て

人生も子育ても“なるようになる”。日々、糧となったことを綴る育児ブログです。

うちの子供ってYouTube依存性!?心配したけど…無理なくいこう!

我が家には

5歳と2歳の娘がいますが、

二人とも

YouTubeが大好きです。

f:id:kikoricafe:20200210072918j:image

どちらかというと…

5歳の長女

 

「今、好きな遊びって何?」

と聞くと、

YouTube!!

と声を張って言います。

 

それ、遊びちゃうやん!

 

とつい言ってしまいましたが…

 

長女にとっては

今一番楽しいもののようです。

 

これでいいのかなあ…

 

子供がYouTubeを見ることに

さまざまな意見があると思いますが、

 

親はどうしてあげるのがよいのか…

素人ながらに考えてみました。

 

YouTube環境を与えたのは親

約1年前に

Amazonの“Fire TV Stick”を購入し、

テレビでYouTubeを

見れるようになりました。

 

これが

子供たちがYouTubeを見始めた

きっかけです。

 

だから、

子供がYoutubeにハマった発端

我々“親”にあります。。。

 

無意識に

世の中にYouTubeがあることを教え、

手軽に見れる環境を作ってしまった

のです。

 

そして、

長女はリモコン操作を覚えました。

(これも親が教えました。。。)

 

一応、私に

「YouTube見ていい?」

と聞いてから…

 

自分で電源をつけて

見たい動画を勝手に見ています。

 

子どもが自分で操作してくれたら

親は“楽”

 

でも、それができるようになり

より子供をYouTubeへと近づけることと

なったのです。

 

そう…

何もかもが“親の仕業”でした。

 

f:id:kikoricafe:20200210160701j:plain

 

どうして与えたのか

もともとアナログな自分は、

子供とメディアを近づけることに

抵抗があり、

 

子供にYouTubeはあまりよくない

というイメージがありました。

 

なのに、

どうして与えてしまったのか…

 

それは、

親が見たかったから…

 

テレビで普通の番組を見るように

好きな動画を好きな時に見れることを

とても快適に感じました。

 

f:id:kikoricafe:20200210073440j:image

 

これ、

めちゃめちゃいいやん!!

 

そして、子供たちにも

見せてあげました。

 

子供たちは喜んで、

私もそれが嬉しくて、 

 

「見たい!」

と言われれば見せていました。

 

ご機嫌でいてくれるし、

勉強になる動画もある…

 

実はそんな

悪いもんじゃないかも!?

と最初は…思っていました。

 

www.kikoricafe.com

 

こんなにハマるとは…

YouTubeを見始めて約1年が

経ちました。

 

最近の長女

家でいるときは決まって

 

「YouTube 見たい!!」

 

と言うようになりました…

 

一応

30分の時間制限を設けますが、

 

これが終わってから!

と、今見ている動画が終わるまで…

 

と言いながらもずっと見続けて、

 

1時間なんてあっという間です。

 

これって…

依存症じゃない!?

 

子供が楽しめると思って与えたYouTubeが

後に予想してた以上にハマってしまい、

正直心配になり後悔しました。

 

なるほど…

 

これが子供に

よくないってことか…

 

f:id:kikoricafe:20200210155517j:plain

 

YouTubeには

次から次へと動画が見たくなる

仕掛けが隠れているのです。

 

子供が見たくなるのも無理ない。

 

だって…

面白いもんね…。

 

止めさせるべき?

5歳にもなると

いろいろ知恵もついてきて、

意外と常に物事を考えています。

 

こんなにも楽しんでいることを

今さら排除することなんて不可能

 

というより、

無理に止めさせると

逆効果になる

と思うのです。

 

ダメ!ダメ!と

やりたいことをやらせてもらえないと

よりやりたくなるのではないか…

 

無理に楽しみを奪って

後で逆に中毒のようにならないか

が心配なのです。

 

ダメなことは逆にやりたくなる

好奇心を考えると…

 

“YouTubeを見ることは悪いこと”

と子供に思わせないことが

大事なのかもしれません。

 

そして、

大人がYouTubeを見ていたら、

大人は見ていいのに

 どうして子供はダメなの?

 

という矛盾が生じて

親への信頼性を失くしかねません。

 

子供の未来のために…

 

子供から無理矢理

YouTubeを遠ざけるのではなく

楽しみの一つとして

そのままにしておくことにしました。

 

心配なこと

だからといって

見たいだけ見させてあげようと

 

ずっと放置だったら

ずっと見続けるかもしれません…

 

でも、

あまり長時間見続けるのは

考えものです。

 

心配なのは…

目と脳への影響

 

目には当然良くないし、

テレビやスマホを見ている時は

前頭前野の活動が低下する

とのこと。

 

そして

集中力がなくなったり

キレやすくなったり…

 

親の与えたYouTubeで

子供がそんなことになってしまうと思うと

ショックでしかありません。

 

だから、やはり

時間の制限は必要

だと思います。

f:id:kikoricafe:20200210163448j:plain

 

環境を変えてその時を楽しむ

時間を決めてテレビを切る。

 

事前にそう約束をしていても

なかなか難しく

 

急に楽しみを中断されると

ご機嫌が悪くなってしまいます。

 

だから、

自然に…

 

子供が自分からスイッチを切るように

仕向けるのがベストです。

 

「外に遊びに行こ?」

「なんかお菓子つくろ?」

 

メディアからまず離れ、

YouTubeに匹敵するくらいの

子供の好きな遊びを提案し、

一緒に時間を過ごします。

 

時間によっては、

「ごはんを食べよー!」

「お風呂入ろー!」

 

ごろっと環境を変えてあげれば

無理なくYouTubeの時間を

終えることができます。

 

そして、

早めに寝室へ行く!

f:id:kikoricafe:20200210163703j:image

寝室は子供たちとゆっくり過ごせるし、

自分もホッとできる最高の時間。

 

居間だと本を読みたがらなくても、

布団の中なら何冊でも読みたい

みたいです。

 

同じ家でも部屋が変わるだけで、

やりたいことが変わってくるようです。

 

その時していることに集中して

その時を心から楽しむ。

 

純粋な子供は切り替えが得意だから

親は陰でエスコートしてあげるのが

大事だと思います。

 

f:id:kikoricafe:20200210165535j:plain
 

おわりに

便利で快適!

が当たり前の今の時代。

 

それに沿った生活をすることが

ごく自然で効率的です。

 

しかし親となり

子供のYouTubeの依存性について

かなり考えさせられました…

 

とりあえず

親子共々、

無理のない生活をしていこう!

 

という結論に至りました。

 

でもそこで大事なのは、

子供のことを常に考えてあげること。

 

いつまでも

信頼し合える関係でいたいから…

 

子供の楽しみを尊重し、

親も一緒に楽しむことを

大切にしていきたいです。

f:id:kikoricafe:20200210162406p:plain

最後までお読みいただき

ありがとうございました。