がんばらないナチュラル子育て

人生も子育ても“なるようになる”。日々、糧となったことを綴る育児ブログです。

家に“おしりふき”がないとき…古布を代用して節約かつ快適に。

学校が休みになると

決まって、実家へ帰省します。

 

スーパーもコンビニもない

山に囲まれた田舎へ…

 

たったの1泊2日であっても

たくさんの荷物が必要です。

 

しかし残念なことに、

抜けている母(自分)は毎回

何か忘れてしまう癖があります。

 

そしてこの度、

 

おしりふき

を忘れました。

 

1歳の子供がいるので、

普段の生活には

 

なくてはならないもの

の一つです。

 

オムツだったら

即買いに走るものの

 

たかが、

おしりふき。

 

車でひと山越えて

買いに行くほどでもなく、

ネットで買うほどでもない。

 

Amazonや楽天のセールで買いたい

ドケチ根性…

 

しかし、

されどおしりふき。

 

どうやって汚れを拭こうか…

 

ティッシュやトイレットペーパー

を使うことを考えました。

 

でも、

ポロポロとおしりに繊維がくっついて

扱いに困るのが目に見えています。

 

ウェットティッシュは

アルコール除菌のものばかり。

 

んー……

 

あっ……

 

古着の布を

使ったらいいやん!

 

実家の掃除用にストックされた布が

綿素材の柔らかいもので、

 

それでおしりを拭いてみると

意外にも

すごく使いやすかったんです。

 

おしりふきがなくても

いけるやん!

 

という大発見。

 

古布を代用することは

節約につながるだけでなく、

 

意外にもおしりふきより使いやすく

子供にとっても快適かもしれない!

 

ということに気づきました。

 

綿100%のヨレヨレ布

実母が

掃除用にカットしてあった布は

 

破れてしまうほどくたびれた

布団カバーでした。

 

綿100%

 

薄くて、

くったくたになった

ボロ布です。

 

f:id:kikoricafe:20210812054155j:image

 

長年使いこんだのが逆に良くて

おしりにぴったりフィットして

汚れを拭き取ってくれます

 

吸水性も抜群!

 

ハンカチサイズのものを

2枚~3枚用意しておけば、

きれいに拭き取ることができます。

 

おしりふきよりも

きれいに拭けている感があって

自分も気持ちいいです。

 

ホットなおしりふきにホッと…

冬場は特に気になるのが、

おしりふきのひんやり感。

 

冬だけでなく暑い夏であっても

やっぱりおしりに急に触れるのは

温かいほうが気持ちいいハズ。

 

だから、

布をお湯で湿らせると

温かいおしりふき

になります。

 

汚れが取れやすいし、

子供もきっと心地いい

 

ハズ。

 

おしりふきを温める

便利なグッズもあります。

手が汚れにくい

おしりふき一枚だと

薄くて手が汚れそうなので、

決まって2枚重ねて使っています。

 

それでも若干頼りないですが…

 

布のよいところは

分厚さ

 

おしりふきの何倍も分厚いから

安心して使えます。

 

ゆとりのない子育てには

この安心感が、

結構大きなポイントなんです…

 

おむつが汚れたら

「はぁ…。」

とため息ついちゃうので…

 

シャワーで洗い流す

一番きれいさっぱり!

 

最終手段は

シャワー(お湯で洗う)

です。

 

あらかじめ汚れを拭き取って、

シャワーで流してあげると

 

ついでに全身の汗も流せて

一石二鳥。

 

汗でベタベタになった日は、

ここぞ!というタイミングで

 

“ついでのシャワー”。

 

面倒なので

1日1回程度。

 

シャワーでリセットすると

全身スッキリです。

 

布とおしりふきを併用する

きれいに汚れを取るために

おしりふきは使いたいだけ使う!

という考えしかありませんでした。

 

ゆるめの時だったら

一度に10枚程度使うことも

あります。

 

自分の手を汚さないように、

そして

お尻を完璧にきれいに拭くために

枚数なんて気にしていられない!

と、仕方なく思っていました。

 

節約するなら、

“なるべく安く手に入れる”ことしか

方法は無いと…

 

でもこの度、

布を使えることがわかり

これから布に変えていこうか!

とまで気が一転しました。

 

いやしかし…

 

 

布は無限に無い。

 

古着もそうたくさん無く、 

綿素材は限られています。

 

そして、

 

余裕の無い自分にとったら 

“切る”ことすら

正直、面倒な作業です…

 

f:id:kikoricafe:20210812062336j:image

 

だから、

両方を最小限に

使えばいい。

 

あらかじめ布で拭いて、

仕上げはおしりふきで拭く。

 

という方法が

経済的で効率的かなと。

 

やっぱりおしりふきは

何かと便利なのでこれからも

フルに使っていきます。

 

でもこれを機に、気持ち自体が

“使い放題”ではなくなった

と思います。

 

それだけでも大きな進歩。

 

捨てるものは最大限に活用して、

新しいものは最小限に使っていく。

 

当たり前のことを見直すって

結構大事ですね。

 

おわりに

絶対必要!と思うものも

無いなら無いで

なんとかなるもんです。

 

いつも便利さばかり

求めてしまいますが、

物の見方を変えることも大事だと

気づかされました。

 

あとは、

自分の忘れ癖の改善ですね…

 

反省。。。

 

f:id:kikoricafe:20210813073048j:plain


 

最後までお読みいただき

ありがとうございました。