がんばらないナチュラル子育て

人生も子育ても“なるようになる”。日々、糧となったことを綴る育児ブログです。

炊飯器で美味!醤油の効いた茶色い“もち麦”バターライス  

 

最近、我が家でハマっているごはんが

バターライス

 

バターライスと聞くと、

“白っぽい洋風炒飯”を想像しがち?

ですが…

 

紹介するのは、

醤油が効いた

茶色の“和風”バターライスです。

f:id:kikoricafe:20210304005645j:image

 

もち麦

プチっもちっと相性抜群で、

ごはんもベチャっともパサッともせず

ちょうど良いかたさに仕上がります。

 

味見しだしたら止まらない!

 

もうおかずいらんわ〜。

 

と思ってしまいます(^^;

 

炊飯器に調味料を入れて、

スイッチオン!するだけ。

 

とても簡単で美味しい

和風バターライスを紹介します。

 

作り方 

材料

・米   4合(600g)

・もち麦 大4

★醤油  大3

★白だし 大3

★酒   大2

★みりん 大2

★砂糖  大1

★にんにくチューブ 大1

★バター 約20g

・ベーコンやツナ(あれば)

 

①炊飯器に洗ったお米と

 ★の調味料を全て入れて、

 4合の目盛りまで水を入れます。

f:id:kikoricafe:20210304002908j:image

 

②もち麦を入れて軽く混ぜます。

 ベーコンやツナがあれば、

 ここで投入します。

f:id:kikoricafe:20210304002931j:image

 

③炊飯スイッチオン!

 普通にごはんを炊きます。

 

炊き上がり前は、

ふわ〜と食欲をそそる匂いが…

 

出来上がり!

f:id:kikoricafe:20210304141003j:image

 

底に“おこげ”ができてます。

f:id:kikoricafe:20210304140918j:image

 

いつも多めに4合炊いて、

残った分は冷凍しています。

 

バターライス弁当は

とても喜ばれます。

f:id:kikoricafe:20210304141043j:image

 

炊き込みごはんのように、

野菜を入れて炊いてもいいと思います。

(試したいけど夫に嫌がられます…)

 

食べ方アレンジ

そのまま、これだけでも十分ですが、

オススメなちょっとアレンジを

紹介します。

 

福神漬け

「茶色いバターライスを作って!」と

最初に言いだしたのは夫です。

 

あるラーメン屋さんの

看板メニューの一つだそうで…

 

そのお店は

バターライスに福神漬けが乗ってて

それがすごくよく合うんだそうで…

 

うん、たしかに

甘くてパリッとした福神漬けは正解。

 

最近バターライスとカレーを作る日が

とても多くなったので

買い物の度に買うようになりました。

f:id:kikoricafe:20210304003233j:image

 

粉チーズと胡椒

もうちょっとコクが欲しいなぁと

粉チーズをプラス。

 

ピリッとしたものが欲しいなぁと

胡椒をプラス。

 

すると、

パラっとした洋風リゾット?のよう…

 

味にアクセントがついて

またさらに美味しいです。 

f:id:kikoricafe:20210304003259j:image

 

このバターライス、

オムライスにしても美味しいはず!

 

でも、ちょっと面倒だな…

 

と卵かけごはんにしてみました。

f:id:kikoricafe:20210304005956j:image

美味しいけど、当たり前てすが

ベチャっとしちゃいます。

 

なら少し変わった作り方を…

 

お茶碗に溶き卵を作って、

f:id:kikoricafe:20210304141205j:image

 

そこにバターライスを上から入れて

f:id:kikoricafe:20210304141223j:image

 

レンジで600W30秒〜50秒

 

最後に粉チーズと胡椒をふって、

 

スプーンでごはんと卵を混ぜながら

いただきます。

 

半熟玉子と炒り卵が

ちょうどいい具合に出来上がってて

f:id:kikoricafe:20210304141455j:image

個人的にすごく気に入ってます。

 

おわりに

もち麦入りでヘルシー!

 

のハズが…

 

つい食べ過ぎてカロリーオーバー

してると思います…。

 

我が家絶賛のバターライス。

 

よければ

作ってみてください。

 

最後までお読みいただき

ありがとうございました。