がんばらないナチュラル子育て

人生も子育ても“なるようになる”。日々、糧となったことを綴る育児ブログです。

奇跡の料理…卵かけごはん。忙しい夕飯はこれでシメる!

1分もあれば作れる料理。

 

“料理”といっていいのかわからないほど

簡単にできちゃいますが、

もう

最高に美味しい立派な一品

 

それが…

 

卵かけごはん

 

f:id:kikoricafe:20200919061728j:image

 

「何これ!

 しっかり“ごちそう”やん!」

 

こんな素敵すぎる食べ物、

なんで

今まで気づかなかったんだろう…

 

というわけで、

 

今さら感動した

卵かけごはん”について

綴ります。

 

材料は3つ

材料は、

言うまでもなく…

 

ごはん

 

そして、味付けに

醤油

 

たったのこれだけ…

 

ほっっかほかのご飯に、

卵は新鮮なものが

いいですね。

 

f:id:kikoricafe:20200919074302j:plain

 

することも3つ

 

1. ごはんを器に入れて、

 

f:id:kikoricafe:20200919161515j:image

 

2. 卵をパカッと割って、

 

f:id:kikoricafe:20200919161527j:image

 

3. 醤油を少し垂らす。

 

f:id:kikoricafe:20200919161543j:image

 

以上です…

 

出来上がり!!

 

あぁ、簡単♡

 

シンプルいずベスト

卵かけごはんのアレンジ術、

たくさんあると思います。

 

たまに自分も

チーズ入れてコショウかけて

リゾット風”を作ります。

 

f:id:kikoricafe:20200919070329j:plain

 

とろーりチーズに

ピリッと胡椒がいい。

 

でもやっぱり、

普通”がイチバン!

 

日本人ですね。

 

シンプルに

醤油が好きです。

 

そして、

旨味の効いた“だし醤油”は

また美味しいです。

 

奇跡のごはん

こんな素朴な材料で

こんなに簡単に作れて

しかもめちゃくちゃ美味い!!

 

食べている時は幸せで

食べた後も大満足。

 

お金も手間もかけずに

こんなに満たされるなんて…

 

もうこれは、

“奇跡のごはん”

と呼んでもいいんじゃないか

と思ってしまいます。

 

f:id:kikoricafe:20200919155512j:plain

 

料理ってだいたい

作る時間は

食べる時間の数倍かかります。

 

でも、これは

作った感がない…

 

でも、

しっかり満足できる

 

奇跡です。

 

晩ごはんのシメに

子供との食事の時間は

なんやかんやと忙しく

自分は味わっている暇がありません。

 

だから、

子供たちの食事が終わってから…

 

一人もしくは夫と二人で

「卵かけ食べよか。」

と立ち上がり、

サラリと無言で食べる…

 

「あぁ、美味しかった。」

 

黄色くまろやかな卵かけごはんが

一日をシメてくれます。

 

f:id:kikoricafe:20200919073132j:image

 

いやしかし、

毎日思います。

 

ごはんと卵の相性って…

 

ほんま最高!!

 

 

テレビで見た“究極の卵かけごはん”

 

この記事を書いていた日、

車中でEテレを見ていたのですが

 

「すイエんサー」という番組が始まり

 

なんとなんとテーマが

“卵かけごはん”でした。

 

しかも“究極の”!?

 

何をすれば

“究極”の美味しさになるかというと

卵を30分手で温める

 というのです。

 

そんなことやってられないよ…

 

と思えば、

別の方法がありました。

 

卵をごはんと混ぜて、

 レンジで500W 20秒

 

早速試してみました!

 

f:id:kikoricafe:20200919161912j:image

 

ごはん全体が温まって、

コクが増したというか…

 

たしかに

美味しかったです!

 

試してみてください。

 

www.nhk.or.jp

 

おわりに

ごくフツーなごはん。

 

何も考えずに作って

美味しく食べて、

後でほっこり…

 

このひととき、

すごく幸せに感じます。

 

でもやっぱり

毎日食べると

そのうち飽きるのかな…?

 

いや、飽きたくないなあ…。

 

と、

 

ただの“卵かけごはん”に

ただただ感動している熱い思い、

 

最後までお読みいただき

ありがとうございました。

 

www.kikoricafe.com