がんばらないナチュラル子育て

人生も子育ても“なるようになる”。日々、糧となったことを綴る育児ブログです。

節約&手抜き☆我が家の三大肉料理(からあげ、とんかつ、紅茶豚)

我が家には、

“超”肉食いの夫がいます。

 

もう40近いのに、

いくら肉を食べても胃もたれしない…

 

焼き肉となると

十分な量が無いと物足りないという…

 

節約妻泣かせ”です。

 

だからといって、

普段の生活に

贅沢は禁物!

 

買うのはいつも

安い鶏肉豚肉

 

牛肉は滅多に買いません。

 

節約しつつ…

手抜きしつつ…

 

でも、

家族には満足してほしい…

 

しっかりボリューミーで

子供にも食べやすい

我が家の三大肉料理

紹介します。

 

我が家の三大肉料理

一週間に1回作ってる?

というくらいの

みんな大好きお肉料理を紹介します。

 

よければご参考に…

 

からあげ

f:id:kikoricafe:20200520065919j:image

 

鶏もも肉を適当な大きさに切って

ポリ袋に入れ、

 

塩麹、酒、生姜、にんにくを入れて

 

冷凍しておきます。

 

解凍して、片栗粉をつけて

 

揚げて完成!

 

cookpad.com

 

豚の小間切れで同様に作った

からあげも美味しいです。

 

からあげは次女の大好物!

夫と本気で取り合いです。笑

 

とんかつ

f:id:kikoricafe:20200520065949j:image

 

豚ヒレブロックを1cm厚さに切り

ポリ袋に入れ、

 

塩麹、酒も入れて冷凍します。

 

解凍して、

バッター液とパン粉をつけて

揚げたら完成。

 

cookpad.com

 

お肉が苦手だった長女が

美味しい!とたくさん食べてくれる

嬉しい一品です。

 

“とんかつ用”として

売られているお肉は、

筋切りをしたり、たたいたりと、

面倒な作業をしたにも関わらず

かたくなってしまった経験があります。

 

ヒレブロックは

筋切りもたたく必要もなく、

漬け込むだけなのに

 

必ず!と言っていいほど

やわらかく仕上がります。

 

紅茶豚

f:id:kikoricafe:20200520070017j:image

 

鍋に水を入れて沸騰したら、

紅茶パックを入れて煮出します。

 

豚バラブロックを3cm厚さに切り、

鍋に入れて超弱火15分、

火を止めて15分放置

 

薄切りにして

焼き肉のタレをかけて完成!

 

cookpad.com

 

紅茶で豚を煮ると

やわらかくなります。

 

それは、

紅茶に“タンニン”という成分が

含まれているから。

 

臭みが消え、

脂身の多い部分も

あっさり美味しく食べられます。

 

そして、

紅茶の味をほとんど感じないのが

不思議です。

 

f:id:kikoricafe:20200520070047j:image

 

じっくり火を通すことも

やわらか豚に仕上げるコツです。

 

以前は、半日がかりで火をとおし、

一晩漬け込んでいました。

 

時間はかかりますが、

酢が入っているので

日持ちしやすいレシピです。

 

cookpad.com

  

かたいお肉が苦手な子供たちも

紅茶豚は

カミカミと食べてくれます。

 

普段全く飲まない紅茶も

料理にはフルに活用しています。

 

f:id:kikoricafe:20200520060016j:plain

 

まとめ買い&まとめ下味冷凍

頻繁には買い物に行けません。

 

お肉がなくなると…

 

一度にたくさん買って

一気に切って漬け込んで、

冷凍保存しています。

 

f:id:kikoricafe:20200520070311j:image

 

そのときは、

ひらすらお肉をさばいている自分に

ハッとしますが…

 

後に楽するためです。

 

解凍すると自然と

お肉がやわらかくなるように

味がしっかり染み込むように

漬けてあるので、

 

いざ調理するとなったときに

ストレスがありません。

 

粉をつけて揚げるだけ

 

疲れきった夕方からでも、

余裕で揚げものを作れるのが

嬉しいです。

 

子供に食べやすい肉料理を…

いくら夫が美味しいと

たくさん食べてくれても、

 

子供が食べてくれないと

正直嬉しくありません。

 

ちょっとでもお肉がかたいと、

べーっと出されちゃって

 

「あかんかったか…」

 

と落胆する毎日です。

 

娘はもともと肉嫌いなので、

お肉にはすごく厳しい!

 

やわらかくなるように…と

 

酒や塩麹を使って、

弱火で調理する。

 

これに徹底していますが、

山あり谷あり…

 

いかに食べやすく仕上げるか…

 

日々、試行錯誤しています。

 

おわりに

子供たちがお肉を食べてくれると、

本当に美味しいんだ!

ちゃんと栄養とれてる!

ととても嬉しくなります。

 

夫は、

お肉であればだいたい

美味しい!

と言って食べてくれるので

それはそれで嬉しいです。

 

節約しつつ、手抜きしつつも…

 

みんなが満足できる食卓になるよう

これからも工夫していきたいです。

 

最後までお読みいただき

ありがとうございました。