がんばらないナチュラル子育て

人生も子育ても“なるようになる”。日々、糧となったことを綴る育児ブログです。

子供が蚊アレルギーに…蚊を警戒して外遊びを楽しめない…

この夏、次女が

蚊のアレルギーになりました。

 

それはそれは突然でした。

 

公園で遊んでいた時、

蚊に刺されてる!と思っていたのですが

数時間経つと

全身に水ぶくれの蕁麻疹が出てきて…

 

翌日も顔まで腫れていました。

 

それから、

もう蚊が憎くて憎くて…

 

大きな人間が、

ちっっちゃなちっっちゃな動物に

とてつもない敵意を抱いています。

 

f:id:kikoricafe:20201015040955j:plain

 

そのせいか、

今年はものすごく

蚊が多いように感じます。

 

涼しくなってきた今でも…

 

蚊がものすごく嫌いだけど

蚊のことが気になって仕方ないので

綴ります。

 

はじめての蚊アレルギー

次女は卵アレルギーもちだったので、

今回の蕁麻疹は夕飯の

“卵”が原因か?と思っていました。

 

いつも行く小児科が休診だったので、

別の小児科を受診して

前日の行動などを話したところ、

 

これは、蚊のアレルギーです。

 

え!?

 

そして、

 

卵アレルギーは問題ありません。

 

(少しでも食べられているのであれば

 アレルギーではないとのこと。)

 

えええ!!?

 

とダブルで驚きの結果でした。

 

蚊アレルギーとは、

蚊に刺されたときに体内に入る

唾液腺物質に対するアレルギー反応

 

お医者さんには、

「これからなるべく刺されないように。」

と言われましたが…

 

そんなことは不可能で…

 

その後、 結構刺されていますが

アレルギー症状は出ていませんし、

これまでもたくさん刺されています。

 

正直、

蚊アレルギー意味不明…

 

当たりが悪かったのかな…

 

蚊アレルギーはショックでしたが、

卵アレルギーが治っていたことは

嬉しかったです。

 

(アレルギーに関しては

 お医者さんによって治療法や考えが

 違うようです。←不服です。)

 

外遊びを楽しめない

蚊に刺されるくらい…

気にしない気にしない…

 

子供が何個か刺されても

今まで何とも思っていなかったのに

 

アレルギーの怖さを知り、

子供を刺す蚊が

許せなくなりました。

 

子供が外に行くとなると、

どきっ。

 

庭や公園で遊ぶ時も、

散歩をしてる時も、

 

自分は蚊をやたら気にして

一匹でも見つけたら、

「早く帰ろー!」

なんて急かしてしまいます。

 

もっといっぱい遊びたいのに…

 

涼しい時に出現する

朝と夕方、

涼しくて気持ちいい~時は

外に出たくなりますよね。

 

でも、

そんな快適な空間には、

絶対いるんです…

 

蚊が…

 

子供たちが

快適に外遊びできる時に限って

蚊がたくさんいます!

  

f:id:kikoricafe:20201015034011j:plain

 

とても腹立たしい…

 

“蚊ストレス”です。

 

蚊を取る技術がアップした

家の中で

一匹でも蚊を見つけると、

 

「絶対やっつけてやる!」

 

目から火が出そうなくらい

蚊退治に燃えます。

 

f:id:kikoricafe:20201015040114j:plain

長女作。怒った私はこんな顔らしい…

 

子供を蚊から守るために…

 

何が何でもバシッ!

やっつけます。

 

取った後は、

なんともいえない安心感に

浸れます…

  

効果的な蚊対策は?

虫除けブレスレットや

虫除けスプレーをしてても

ことごとく刺されてきました。

 

スプレーのムラが原因かもしれませんが…

 

蚊取り線香が一番効果的

なように思えます。

 

f:id:kikoricafe:20201015032528j:plain 

実家は田舎で

蚊だらけの環境ですが、

蚊取り線香をつけていれば

刺されません。

 

害虫だけに殺虫作用があるので

心配な赤ちゃんへの影響はないそうですが、

天然成分からできた

自然素材の線香もあります。

 

 

ただ、

火のついた線香を持ち歩くのは

子供連れでは難しいです。

 

火傷のしない蚊取り線香が

あったらいいのにな…

  

刺されやすい原因は足?

家族の中で

一番蚊に刺されるのは…

 

意外にもなんです。

 

家の中で一人刺されていたり、

 

皆で外で過ごしているときも

一番最初に刺され、

一番たくさん刺されています。

 

剛毛の脛毛で覆われた足にも関わらず、

どうして蚊は“そこ”を狙うのか…

 

ちょっと疑問に思っていたので調べると…

 

原因として考えられるのは、

“足のニオイ”のようです。

 

www.mbs.jp

www9.nhk.or.jp

 

この二つの記事から…

 

・足特有の臭いである“イソ吉草酸”が蚊を誘引する。

・足の常在菌の種類が非常に多いと蚊に刺されやすい。

 

つまり…


夫の“足のニオイや菌”が

蚊に好まれている

てことか…笑

 

水溜まりに注意

我が家は、

団地の端のほうに位置していて

車の通りが少なく静かです。

 

それをよいことに

土地を選んだのですが、

盲点がありました。

 

それは、

近くに溜め池があること。

 

この池が原因か、

すごく蚊が多いです。

 

そして、

水たまりが少しでもあると、

ボウフラちゃんが

発生してしまいます。

 

以前、涼を楽しみたくて

玄関に水草を置いていましたが、

ちょろちょろ泳ぐ姿を見て

即撤去しました。

 

家周辺の“水”には要注意です!

 

f:id:kikoricafe:20201015042118j:plain

 

おわりに

“蚊は夏のもの”

だと思っていたら大間違い。

 

秋の涼しい季節になっても

いっぱいいます。泣

 

蚊も生きるために

一生懸命生きてるんですけどね。

 

お願いだから

子供だけは刺さないでおくれ…

 

 

最後までお読みいただき

ありがとうございました。