がんばらないナチュラル育児

人生も子育ても“なるようになる”。日々、糧となったことを綴る育児ブログです。

親子でぐっすり眠れるピアノ曲 〜清塚信也さん&モーツァルト〜

寝るときに聴くBGM。

 

我が家はピアノ曲です。

ほぼ私の趣味の押しつけですが…

f:id:kikoricafe:20191017065750j:plain 

なんともいえない心地よさがありまして…

子供より先に寝てしまうことが大半です。

 

でも、

娘たちも知らないうちに寝ていて、

ぐっすり眠れているようです。

 

お昼寝、夜寝るときなど

毎日聴いているピアノ曲を紹介します。

 

清塚信也さんの「ぐっすり眠れるピアノ」

ぐっすり眠れるピアノ

ぐっすり眠れるピアノ

 

有名なクラシック曲

そんなにクラシックに興味がない方でも

「これ、聴いたことあるかも」

という有名な曲がほとんどです。

 

清塚さん流にアレンジされた曲もあり、 

全ての曲がなだらかできれいな曲調です。

 

眠りに適した拍数

赤ちゃんが眠るときの拍数は、

1分間に約80拍

 

大人の場合は約60拍

だそうです。

 

そして、

赤ちゃんはお母さんのお腹で感じた拍数

60拍くらいが落ち着くそうです。

(「子守り唄」であやすのが理想)

 

このCDに入っている曲は

1分間に60~80拍のクラシック

 

赤ちゃんから大人まで 

眠りに適したテンポの曲ばかりなので

親子共々ぐっすり眠れているようです。

 

清塚信也さん

超有名ピアニスト清塚信也さん。

 

出産ドラマ「コウノドリ」で

ライブハウスマネージャー役として

綾野剛さんのサポートをされていました。

www.tbs.co.jp

 

自己流の弾き方が素晴らしく圧倒されます。


【100万回再生!】【神技スゴ技!!】天才ピアニスト清塚信也のアンコールピアノメドレー

どんな曲も自由自在にアレンジし

即興演奏…!

 

天才!!

 

それだけではありません。

 

トークも面白い!

最近では、ワイドショー番組にもよく出演されています。

さりげなく笑いを誘う卓越した話術…

 

ほんと天才!!

 

とにかく話題沸騰中のピアニストの一人です。

 

モーツァルトのソナタ

赤ちゃんにはモーツァルトがいい

と聞いたことがありました。

 

試しに買ったモーツァルトソナタ集。

モーツァルト生誕250年記念BOX モーツァルト:ピアノソナタ全集

モーツァルト生誕250年記念BOX モーツァルト:ピアノソナタ全集

  • アーティスト: ピリス(マリア・ジョアオ),モーツァルト
  • 出版社/メーカー: 日本コロムビア
  • 発売日: 2006/03/02
  • メディア: CD
  • 購入: 2人 クリック: 39回
  • この商品を含むブログ (12件) を見る
 

曲調はいろいろ

第一印象は、ショパンに比べると

全体的にサラっと聴ける軽い感じ。

 

賑やかな曲調から緩やかな曲調まで様々です。

 

プレイリストを作成 

第18番まであるソナタのうち

自分が落ち着く曲調のものを厳選して、

オリジナルプレイリストを作りました。

 

これを聴いているとリラックスできるので、

寝る時以外にも

子供が遊んでいるとき、食事のときなど、

ほぼ常に流しています。

f:id:kikoricafe:20191012065219j:plain 

アマゾンミュージックが機能的

昨年、アマゾンプライム会員になったので

アマゾンミュージックで検索すると

清塚さんもモーツァルトも

無料ダウンロードできちゃいました。

 

そして、アマゾンミュージックでは、

自分の好みの曲ばかり選んだプレイリストも

簡単に作れます。

 

便利な世の中… 

CDを持っていても、

ほぼ不要になってしまいました…

 

www.kikoricafe.com

 

好きな曲ばかり流れる空間は“癒し”です。

 

明らかに生活が快適になりました。

f:id:kikoricafe:20191001065515j:plain

おわりに

自分の趣味で聴いているピアノ曲。

 

ショパンが一番好きですが、

寝る時に聴くのはちょっと違う…

 

眠りに適した曲には、

独特な曲調があるようです。

  

布団に入り、全身の力がスッと抜ける瞬間。

 

親子でぐっすり眠れる安眠方法があると

この瞬間をとても幸せに感じられます。

f:id:kikoricafe:20191024002015j:plain

ちなみに…

夫は無音のほうが寝れるそうです。

なので、人それぞれです(^^;

 

ご参考までに…

 

最後までお読みいただきありがとうございました。