がんばらないナチュラル子育て

人生も子育ても“なるようになる”。日々、糧となったことを綴る育児ブログです。

誕生日。欲しいものは…夫の理解なのかも?

先日、

自分の誕生日でした。

 

夫に

何欲しい?

と聞かれ、

「何もいらん。」

という返しのやりとり、

 

もう何年続いてるのかな…

  

f:id:kikoricafe:20200914060807j:plain

 

でも、この誕生日の夜

寝る前に気づきました。

 

今私が欲しいものって…?

 

それは、

夫の理解なのかもしれない…

 

誕生日って? 

3ヶ月前に

男の子を出産し、 

新しい命の誕生の素晴らしさを

実感したばかりです。

 

www.kikoricafe.com

 

母がお腹を痛めて産んでくれて

心から祝福された特別な日

 

誕生日は

親に感謝すべき日

なんですよね。

  

なのに

いざ誕生日が来ると、

 

「あぁ、

 また年とった…。」

 

大人になってみると

あまり嬉しくないのが

率直な気持ちです。

f:id:kikoricafe:20200914060608j:plain

 

欲がない

子供の頃から

誕生日はプレゼントをもらえる日!

だから

 

大人になった今でも

ちょっと期待してしまいます。

 

かといって

夫に「何が欲しい?」と聞かれても

特にないのです。

 

食べたいものも特にない

 

なにか

サプライズが欲しいわけでもない。

 

今の自分って

なんて冷めた女なんだろう…

 

f:id:kikoricafe:20200914060335j:plain

 

余裕がない

これが欲しい!

これが食べたい!

 

と言えば、夫は

喜んで用意してくれるでしょう。

 

私よりはオシャレだし

食べることも買い物も好きなので…

 

でも、

いつもあまり“欲”のない妻は

夫にとって物足らなさそうに見えます。

 

なんでこんな“欲”がないのかな…

 

きっと

余裕がないから。

  

だから

自分のことを

忘れてしまいそうになります。

 

子供のスキンケアは気をつけているのに

自分は保湿すら怠っている…

 

というように(- -;)

 

子育ての理解

夫とは“子育て”について

意見が一致しないことがあります。

 

それは、夫が

厳しく躾けると自分のようになる。

という考えだから…

(親の手から離れてから、

 極端に好き放題するようになったらしい)

 

子供にすっごく甘いです。

 

 でも、私は

子供の生活習慣だけはきっちりしたい!

と思っています。

 

・夜は早めに寝させる。

・おやつは時間と量を考える。

・テレビやゲームはほどほどに。

 

基本ですよね。

 

だから

極力気をつけたいのですが…

 

夫に乱されます。

 

 

f:id:kikoricafe:20200914062032j:plain

 

 

ゲームを長時間一緒にしたり、

お菓子をねだられたらすぐにあげたり…

 

子供の要望されたら

「はいはい。」と応える姿に

イライラ

 

子供は当然、夫の味方。

 

“子育てに正解はない”

ということはわかっていますが

 

私の努力も

もうちょっと理解してほしい…。

 

  

専業主婦の理解

夫は以前働いていた職場の同期

 

当時の環境が悪く、

自分には耐えきれなかったので

二人目の出産を期に退職しました。

 

残された夫は

辞めずに働いてくれています。

 

職場にある独特なしんどさ、辛さは

経験者なので共感できます。

 

だから、

家ではゆっくりさせてあげたい…

 

と思うのですが、

子供がいると難しい!

 

私が忙しくしていても

スマホやゲームに熱中している姿に

イライラ…

 

誕生日もいつもと同じで

モヤモヤして

ツイートしてしまいました。

 

  

なんてったって寝る前の

歯磨きと3人の寝かしつけまでが

1日で一番きつい。

 

毎日寝る直前まで必死で

夜中も子供のトイレや授乳で起きている

私の苦労も

 

理解してほしい…

 

 

物より気持ち

でも、

全く理解してくれていない

わけではありません。

 

休みの日になると

子供を連れて出かけてくれます。

 

トイレ大変なのに…

ごはんこぼしたりするのに…

 

そんな心配もせず、嫌顔なく

やんちゃ娘たちを連れて行く度胸には

感心してしまいます。

 

ホッとするひとときを

ありがとう…

 

  

赤ちゃんが産まれてから特に

子供たちと過ごすことが大変だと

わかってくれているようで、

 

仕事の合間にも

「大丈夫?」

と電話をくれます。

 

そして、

仕事を休める時は休んで

家族と過ごす時間を優先してくれます。

 

仕事よりも家族。

 

気の効かないところはありますが、

子供たちを大事に思ってくれて

私のことも心配してくれています。

 

何もいらない…

 

日頃からの

その気待ちが一番嬉しい…

 

f:id:kikoricafe:20200914063610j:plain

 

おわりに

子育てが大変なのは仕方ないけれど、

それを夫に理解してもらえるだけで

肩の荷がスッと軽くなります。

 

不器用で無頓着な夫ですが、

家族を大切に思ってくれる優しい面を

私は理解しようと思います。

 

生きてきた環境が違うから

お互いの考えが違うのは当たり前。

 

でも、お互い少しでも歩みよれば

夫婦として成長できる気がしました。

 

f:id:kikoricafe:20200914063813j:plain

最後までお読みいただき

ありがとうございました。