がんばらないナチュラル子育て

人生も子育ても“なるようになる”。日々、糧となったことを綴る育児ブログです。

子供って勝手!いや…親のほうがもっと勝手…!!

我が家には

5歳と2歳の娘がいますが、

 

ご機嫌が悪くなると

 

泣いたり怒ったり…

わがまま言ったり…

 

かと思えば

 

急にご機嫌がよくなって

素直になったり…

 

子供って本当に勝手だなあ。

 

と思っていましたが、

 

いやいや…

 

親のほうが

勝手じゃない!?

 

とつくづく思います。

 

これから長い子育ての人生で、

 

子供に「親って勝手だなあ…」

信頼を損なわないように

 

今後気をつけていきたいことを

反省を交えて綴ります。

 

親の勝手を感じたこと

自分が何気なくしていた言動。

 

よくよく考えてみると…

 

「勝手だなあ…。」

と子供に思われてもおかしくないことが

いろいろと出てきました… 

 

習慣の急な変更

子供の生活習慣。

 

起きる時間、寝る時間、テレビの時間、

食事、歯磨き、etc…

 

幼いうちは、

親が何もかもコントロール

してあげないといけません。

 

だから、

朝起きてから夜寝るまで

子供にとって最善の方法

探り探りの毎日です。

 

すると、

あらゆる情報により

新たな知識にたくさん出会います。

 

そして、焦る親は

知った瞬間から改善を試みます。

 

することの時間や回数を決めたり

それまでのやり方を変えたり

制限を厳しくしたり…

 

でも、子供にとったら

 

「今までOKだったのに

 なんで急にNG?」

 

と思うことだらけでしょう…。

 

身についてしまった習慣を

変えることは大変!

 

でも、親は刺激を受けると

なるべく早く実行しないと

気が済まないのです…。

 

“勝手”ですね。

 

www.kikoricafe.com

 

場所を選んで注意する

家の中で走り回ったり、

散らかしたものを片付けなかったり…

 

何度言っても聞かないことは

「仕方ないか…。」

といつも諦めてしまいます。

 

でも、

家以外の場所で同じことをすると

親は当然のごとく注意します。

 

でも、子供にとったら

 

「家ではOKなのに

  ここはNGなの?

 

と疑問に感じるはずです。

  

家では許されることが

別の場所では許されない?

 

意味不明…。

 

子供はいつも通りの行動を

しているだけで

悪気は全くありません。

 

普段から言い聞かせていない親に

問題があるのです。

 

なのに親は

人目を気にし、場所を選んで

子供のことを注意する…

 

“勝手”ですよね。

 

f:id:kikoricafe:20200220164447j:plain

 

親の行動

子供に注意していることを

親が違和感なくやっている行動

ことがあります。

 

例えば、立ち食い

 

子供が食べ物を持ち歩いたり、

立ったまま食べている時、

 

「座って食べてね!」

 

と必ず言います。

 

でも…私…

 

味見や残り物の処理など

椅子に座る余裕のない時は

普通に立ち食いしています。

 

子供に注意していることなのに…

 

罪悪感を感じました。。。 

f:id:kikoricafe:20200221095009j:plain

 

そして、テレビ

 

子供はまだまだ見たいテレビを

親が早めに切って、

 

「もう寝るよー!」

 

と寝室へ誘導します。

 

でも、 

親は子供が寝てから

映画やドラマを見ています。

+お菓子とコーヒーつき

 

これはまだバレていませんが

もし知られたら、

 

「大人はOKなのに

   子供はNGなの?」

 

と思うに違いありません。

 

誰からも注意されない親は

子供に注意していることを

好き勝手にしています…。

 

f:id:kikoricafe:20200220164410j:plain

 

親の言葉づかい

いろんな言葉を覚えてきた娘たち。

 

でも、

たまに言葉づかいの

悪いときがあります。

 

「キライっ!」

は長女も次女も

最近頻繁に言います。

 

「出て行って!」

は長女が機嫌の悪いときに

言われます。

 

そんなこと言わないの!

と注意する私。

 

でも、これ…

 

夫とケンカしたときに

自分が言っていた…!?

 

子供の前で夫婦喧嘩はよくない!

と分かりながらも

 

つい、カーっとなったことがあり、

 荒っぽい言葉を使ってしまいました。

 

子供は幼いながらも

しっかり聞いて

脳裏に焼きついているんですね。

 

これには、

ただただ反省です。

  

親の発した言葉を聞き取って

それを子供が真似しているから

悪いのは完全に“親”です。

 

f:id:kikoricafe:20200220164850j:plain

 

発端である親に

子供を叱る権利なんて

ありませんよね…。

 

親が配慮していくべきこと

まだ子供たちは幼いので

親の“勝手”に

気づいていないことが多いです。

 

親が注意すること、指示することを

全て従わなくとも

なんとなくは聞いてくれています。

 

でも、このままだと

子供もそのうち見抜き、

“矛盾”に気づくでしょう。

 

そして、 

親の都合に合わされることに

不満を抱くでしょう。

 

親には

様々な“勝手”がありますが、

 

“子供のための勝手”は、

成長に応じて調整するべき。

 

“親の都合による勝手”については、

今すぐ改善していくべき。

 

そして、

お互いが信頼できる関係を築きあげ、

親子に“嘘”が無いようにしていくべき

だなあと思いました。

 

f:id:kikoricafe:20200220174623p:plain 

おわりに

子供は毎日

指示され、注意され、怒られ…

 

親に言われて不快に思うことが

多々あると思います。

 

でも、それが“親の勝手”でなければ

子供は受け入れてくれるでしょう。

 

自分の“勝手さ”をもう一度見直し、

偽りのない清らかな子育てを

していきたいです。

 

f:id:kikoricafe:20200220172444p:plain

 

最後までお読みいただき

ありがとうございました。