がんばらないナチュラル子育て

人生も子育ても“なるようになる”。日々、糧となったことを綴る育児ブログです。

小麦粉で作る豆乳シチュー。常識を無視した手抜きレシピ☆

一週間に一度は

大食いの夫の帰りが遅いので

夕ご飯を故意に手抜きにします。

 

娘たちはまだ小食なので…

 

子供の喜ぶメニュー

量少なめ

用意します。

 

よくあるのは、

市販のピザ

大好物の一つです。

 

変にアレンジすると食べないので

焼くだけ

 

f:id:kikoricafe:20200206143520j:image

 

とっても楽だけど、

気になるのが栄養

 

そんなときは

野菜とお肉を入れた

豆乳シチューをつくります。

 

f:id:kikoricafe:20200206143546j:image

 

ルーがなくても

小麦粉で簡単に手早く作れる

豆乳シチューを紹介します。

 

作り方

小鍋サイズ(約4人分)

のレシピです。  

レンジ活用 

カレーもシチューも、

 

お肉と野菜は油で炒める

 

ことが一般常識

なのかもしれません。

 

素材の旨味を閉じこめるため

大切な工程の一つだと思います。

 

でも正直、

時間が無いのです…。

 

とりあえず、

野菜が早く煮えてほしい。

 

だから、

レンジを活用します。

 

少量であれば

具材を小さめに切ると

わずか1分30秒で柔らかくなり、

栄養も逃しません。

 

f:id:kikoricafe:20200206143613j:image

 

炒めないので

油も必要ありませんし、

十分美味しく仕上がります。

 

お皿を使いまわして

どんどんチン!して

時短にいきましょう。 

 

f:id:kikoricafe:20200206143646j:image

 

とろみをつける

小麦粉でシチューを作るときの

よくあるレシピ

 

玉ねぎをバターで炒め、

次に小麦粉を入れて炒め、

牛乳を少しずつ入れる…

 

玉ねぎと小麦粉が焦げないか心配で

長時間目を離せないし、

失敗したこともあります。

 

だから、

事前に玉ねぎと小麦粉を混ぜ、

水を入れて混ぜながら

火にかけます。

 

これなら焦げないし、

簡単にとろみがつきます。

 

f:id:kikoricafe:20200206155013j:image

 

豆乳に牛乳をプラス

牛乳より

カロリーが低く

栄養価の高い豆乳

 

しかし、豆乳は過熱により

大豆たんぱくが凝固して

分離してしまいます。

 

豆乳には

沸騰しない弱火

が鉄則のようです。

 

しかしズボラな私は、

つい沸騰させてしまうことが多々あり、

「ああ~あ…」

という結末に。

 

でも、

豆乳オンリーではなく

牛乳をプラスしてみると、

万が一沸騰しても分離しないのです。

(※沸騰させないのがベストです!)

 

愛用しているのは

紀文の無調整豆乳

 

f:id:kikoricafe:20200206153411j:image

 

クセが少ないので、

飲みやすく

いろんな料理にも活用できます。

 

うちの子供たちは

牛乳は朝飲んでいるので

なるべく豆乳を摂ってほしいのです。

 

シチューに

豆乳が入ってるなんて

全く分からない!

 

豆乳嫌いの家族も

違和感なく食べてくれます。

 

鶏ガラスープとチーズ

旨味とコクは

鶏ガラスープとチーズのみ。

 

これだけで

シチューの味になります。

 

そして、

塩コショウを少々。

(子供には不要かも…)

 

とてもシンプルな材料で作れるのが

嬉しいです。

 

f:id:kikoricafe:20191102120240j:plain

 

おわりに

好き嫌いの多い子供たち。

 

シチューなら

野菜もお肉も美味しく

食べてくれます。

 

ルーは買わずに

小麦粉で…。

 

この冬何度も作るうちに

手抜きに手を抜いたレシピが完成!

 

参考になれば幸いです。

 

f:id:kikoricafe:20200206153641j:image

 

最後までお読みいただき

ありがとうございました。